第96回アカデミー賞最多13部門ノミネート 第81回ゴールデングローブ賞最多5部門受賞
クリストファー・ノーラン監督

オッペンハイマー

3.29Fri.
NEWS
新着情報
INTRODUCTION
イントロダクション
アカデミー賞®最多13部門ノミネート。世界的大ヒット作、いよいよ日本公開。
  • ピューリッツァー賞受賞作「オッペンハイマー」(ハヤカワ文庫刊)を原作とし、第二次世界大戦下、世界の運命を握った天才科学者オッペンハイマーの栄光と没落の生涯を実話に基づき描いた本作は2023年7月の全米公開を皮切りに、世界興収10億ドルに迫る世界的大ヒットを記録。実在の人物を描いた伝記映画としては歴代1位となっている。また、第81回ゴールデングローブ賞では、クリストファー・ノーラン初の監督賞を受賞し、作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門/キリアン・マーフィー)、助演男優賞(ロバート・ダウニー・Jr.)、作曲賞(ルドウィグ・ゴランソン) と最多5部門を受賞したほか、第96回アカデミー賞®では作品賞、監督賞をはじめ最多13部門にノミネートされている。
  • オッペンハイマー役を演じるのは、これまでも『インセプション』(10)などでクリストファー・ノーラン監督作品に出演してきたキリアン・マーフィー。また、彼の妻“キティ”役にエミリー・ブラント、オッペンハイマーと対立する原子力委員会委員長のルイス・ストローズ役を演じるロバート・ダウニー・Jr.他、フローレンス・ピュー、ジョシュ・ハートネットらが、ノーラン作品に初参加。加えて、『インターステラー』(14)のマット・デイモンや、『ダンケルク』(17)のケネス・ブラナー、さらにラミ・マレック、ケイシー・アフレックなどのアカデミー賞®受賞俳優陣が脇を支えている。
  • 本年度オスカーノミネーションを果たした、プロダクション・デザイナー、ルース・デ・ヨンク、衣装デザインのエレン・マイロニック、音楽は『TENET』でもタッグを組んだルドウィグ・ゴランソン、と超一流のスタッフ陣も本作の魅力の一つ。
    撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマも、ノーランとは『インターステラー』以降すべての作品で組んでいるという仲。今作ではIMAX®65ミリと65ミリ・ラージフォーマット・フィルムカメラとを組み合わせた、最高解像度の撮影を実践。また、本作のためだけに開発された65ミリカメラ用モノクロフィルムを用い、史上初となるIMAX®モノクロ・アナログ撮影を実現させた。
    IMAX®撮影による、この天才科学者の知られざる人生を<体感>してほしい。
ピューリッツァー賞受賞作「オッペンハイマー」(ハヤカワ文庫刊)を原作とし、第二次世界大戦下、世界の運命を握った天才科学者オッペンハイマーの栄光と没落の生涯を実話に基づき描いた本作は2023年7月の全米公開を皮切りに、世界興収10億ドルに迫る世界的大ヒットを記録。実在の人物を描いた伝記映画としては歴代1位となっている。また、第81回ゴールデングローブ賞では、クリストファー・ノーラン初の監督賞を受賞し、作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門/キリアン・マーフィー)、助演男優賞(ロバート・ダウニー・Jr.)、作曲賞(ルドウィグ・ゴランソン) と最多5部門を受賞したほか、第96回アカデミー賞®では作品賞、監督賞をはじめ最多13部門にノミネートされている。
オッペンハイマー役を演じるのは、これまでも『インセプション』(10)などでクリストファー・ノーラン監督作品に出演してきたキリアン・マーフィー。また、彼の妻“キティ”役にエミリー・ブラント、オッペンハイマーと対立する原子力委員会委員長のルイス・ストローズ役を演じるロバート・ダウニー・Jr.他、フローレンス・ピュー、ジョシュ・ハートネットらが、ノーラン作品に初参加。加えて、『インターステラー』(14)のマット・デイモンや、『ダンケルク』(17)のケネス・ブラナー、さらにラミ・マレック、ケイシー・アフレックなどのアカデミー賞®受賞俳優陣が脇を支えている。
本年度オスカーノミネーションを果たした、プロダクション・デザイナー、ルース・デ・ヨンク、衣装デザインのエレン・マイロニック、音楽は『TENET』でもタッグを組んだルドウィグ・ゴランソン、と超一流のスタッフ陣も本作の魅力の一つ。
撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマも、ノーランとは『インターステラー』以降すべての作品で組んでいるという仲。今作ではIMAX®65ミリと65ミリ・ラージフォーマット・フィルムカメラとを組み合わせた、最高解像度の撮影を実践。また、本作のためだけに開発された65ミリカメラ用モノクロフィルムを用い、史上初となるIMAX®モノクロ・アナログ撮影を実現させた。
IMAX®撮影による、この天才科学者の知られざる人生を<体感>してほしい。
天才科学者の頭脳と心を五感で感じさせる、極限の没入体験型映画
オッペンハイマーが生きた、アメリカ激動の時代
オッペンハイマーが大学で教鞭をとり始めたのは株価暴落をきっかけとしたアメリカ史上最大の経済恐慌、大恐慌の始まった1929年だった。恐慌は世界に広がり、第一次大戦の賠償金支払いで行き詰まるドイツにヒトラー率いるナチスが現れる。ナチスは第二次世界大戦を起こし、当初、戦況を優位に進める。このドイツに負けまいとアメリカが完成を急いだ原爆は、1945年、日本を降伏させるだけでなく、一瞬にしてアメリカをかつてない超大国にさせた。ただ、その4年後にソ連も核実験を成功させる。米ソが核兵器で脅し合う冷戦の中で反共思想がアメリカでは一気に広がっていく。ヒステリックな「赤狩り」の渦中で、オッペンハイマーも共産主義者との過去が問われていく     
STORY
ストーリー
一人の天才科学者の創造物は、世界の在り方を変えてしまった。そしてその世界に、私たちは今も生きている。
第二次世界大戦下、
アメリカで立ち上げられた極秘プロジェクト「マンハッタン計画」。
これに参加した J・ロバート・オッペンハイマーは優秀な科学者たちを率いて
世界で初となる原子爆弾の開発に成功する。
しかし原爆が実戦で投下されると、
その惨状を聞いたオッペンハイマーは深く苦悩するようになる。
冷戦、赤狩り―激動の時代の波に、
オッペンハイマーはのまれてゆくのだった―。
世界の運命を握ったオッペンハイマーの栄光と没落、その生涯とは。
今を生きる私たちに、物語は問いかける。
CHARACTER
登場人物
STAFF
スタッフ
監督・脚本・製作
クリストファー・ノーラン
イギリス出身。子どもの頃から8ミリで撮影を始め、1989年に短編「tarantella」が公共放送サービスで放映される。初長編作品『フォロウィング』(98)がロッテルダム国際映画祭タイガーアワード受賞、英国インディペンデント映画祭プロダクション賞ノミネートといった高い評価を受け、“ヒッチコックの再来”と称えられた。続く『メメント』(00)でインディペンデント・スピリッツ・アワード監督賞・脚本賞を受賞。アメコミヒーローのバットマンを新たに描いた『バットマン ビギンズ』(05)、『ダークナイト』(08)、『ダークナイト ライジング』(12)が世界的な大ヒットを記録している。そのほか『インセプション』(10)がアカデミー賞®撮影賞など4部門受賞、作品賞など3部門にノミネート、『インターステラー』(14)が同賞作曲賞など4部門にノミネート、視覚効果賞を受賞、『ダンケルク』(17)が同賞編集賞など3部門を受賞、『TENET テネット』(20)が視覚効果賞を受賞、美術賞にノミネート。
音楽
ルドウィグ・ゴランソン
スウェーデン出身。『ブラックパンサー』(19)でゴールデングローブ賞最優秀作曲賞、アカデミー賞®作曲賞を受賞。ノーラン監督作品では『TENET テネット』(21)でゴールデングローブ賞最優秀作曲賞にノミネートされている。
撮影
ホイテ・ヴァン・ホイテマ
スイス出身。『ザ・ファイター』(10)、『NOPE』(22)などに携わる。ノーラン監督作品では『インターステラー』(14)『TENET テネット』(20)などに撮影監督として参加、『ダンケルク』(18)でアカデミー賞®撮影賞にノミネートを果たしている。
プロダクションデザイン
ルース・デ・ヨンク
アメリカ出身。「ツイン・ピークス The Return」(17)でエミー賞にノミネート。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(17)、『アス』(19)、『NOPE』(22)に携わる。アートディレクターズギルド(美術監督組合)で過去8回ノミネートを果たす。
衣装
エレン・マイロニック
アメリカ出身。『恋するリベラーチェ』(14)でBAFTA賞衣装デザイン賞、『グレイテスト・ショーマン』(18)でサターン賞衣装デザイン賞にノミネート。『マレフィセント2』(19)で衣装デザイナー組合賞映画部門 SF/ファンタジー部門の受賞を果たす。
音響デザイン
リチャード・キング
アメリカ出身。ノーラン監督作品に複数参加。『インターステラー』(14)でアカデミー賞®音響編集賞にノミネート、『ダークナイト』(08)『インセプション』(10)『ダンケルク』(17)で同賞の受賞を果たしている。